読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ローゼンメイデン」

中学2年の二学期から僕はいじめを受けていた。

それはまだ二学期が始まったばかりの9月からで、冬になる頃には精神的に、かなりきていた。

その頃(特に思春期なんて人生で1番感受性が高い時期に)、偶然出会ってハマっていたのがローゼンメイデンだった。

主人公との境遇は少し重なる部分もあったし、登場するキャラは皆とても魅力的に思えたから、あの作品に熱中したんだと思う。

その当時は、超本気でその創作上の世界に逃げていた。全話を何度も何度も食い入るように見た。心のどこかで、何度も見たらこの世界に入っていけるような気がしていたから。そして、そのアニメの中で動いてるキャラクターだけでなく、背景にこそ注目した。できるだけその世界に入り込めるように。そしてその世界の空気のにおいを嗅ぎたかった。

また、学校をサボって午前中ノートパソコンでネットに書かれたローゼンメイデンのSSを読み漁り、出来の良いのに出会えば、できるだけその世界に没入し、鮮明に情景を想い起こし、特にその世界の空気のにおいを感じようと(感じた気になろうと)躍起になった。僕は、昔から創作の世界のにおいを嗅いだ気になれる特技めいたものがあったから。上手くいけば実際に嗅覚が刺激されるんだが、もしかするとみんなもできる普通のことかもしれない。

こうやってとことん辛い学校から”心だけは”逃げようとしていたし、何なら、創作の世界が自分の現実の世界に出現してほしいと本気の本気で願っていた。それが叶わないなら、せめて、たまたま僕が知らない隠れた場所で、ひっそりと創作の世界の出来事や生活が行われてほしいと願っていた。僕は知らなくていいから、どうか、って。

そのうちに。「…いや、もしかしたらあの空と彼らの空は続いてるのかもしれない。僕が知らないだけで、あの空と同じどこかの空の下に、いるのかも。あのキャラたちが今この時もだれにも知られずに暮らしているのかも。あのキャラたちは、僕が知らないだけで、僕の生活とは比べ物にならないほど綺麗で朗らかで心地よい生活を過ごしているんだ。」なんてことばかり想うようになってしまった。何となく、現実世界に彼らが生きていることを思うと、僕の毎日が救われたような感覚がしたからだ。

おまけにひどい時は雨の日に雨宿りしながら、どこかで”僕を見ているはずの”キャラに、ぶつぶつと声を出して語りかけていた。心の声だけじゃあ、いつもやってるし足りない気がするから、より確実に、ちゃんとした肉声を出せば、彼らにもしかしたら届くのかもとなぜか思い込んで、現れてくれよとか助けてくれよみたいなことを延々と雨の中呟いてたような気がする。たまに泣きかけた。