読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「しにたい」ではなく「気絶したい」が正確では?

ほんとは「しにたいと思うくらいの状況なら、さっさとそんなところから逃げちゃえば良い」

って思ってるのに

「逃げればいまよりももっとつらくなる」

って思いがあって、結局逃げられない。

 

「いくら”逃げたらもっとつらくなる”って言ったって、自○するよりはましじゃん。だからさっさと逃げたほうがいいよ」

って思ってるのに、

やっぱり逃げた後のことを考えて不安になって逃げられない。

それで自○しちゃう人がたくさんいると思う。

 

 

人によっては矛盾を感じたと思う。なぜ逃げずに自○する?と。

 

 

ここで俺がはっきりさせなきゃいけないと思ったのは「自○するよりはましじゃん」っていうこの一文。

正直自○って言葉を聞くと背筋が寒くなったりするよね。でもね、たぶんしにたいってのは、別に心臓を止めて体をぐちゃぐちゃに腐らせたいとかそんなえぐい状態になりたいってことじゃないはず。そこが魅力では決してないと思うんだよ。

 

 

しにたいの本当の意味は「何も感じたく無い。ただ、眠ってる時のように楽になりたい」ってことなんだと思う。

つまりだ。おれはしばらく”気絶”したいんだ、と。”気絶”した人が今の僕・私の目にはとても魅力的にうつるんだ、と。冬眠みたいな機能が人に標準実装されてたら良いのになあ、みたいな。

 

 

”辛い”を何とかしたい。解決したい。でも難しくてどうすればいいのかいまいちわかんないから、逃げたい…って思ってて。でも逃げた後の自分を想像してみてもやっぱり自分は辛そうだし、それにやっぱり逃げるの怖いし。

 

そうこうしているうちに、ああ、しばらくの間ずっと気絶していたいな、気絶できないかなと思う。

とにかくしにたいって言ってる人は腐るほどいるけど、きっと彼らは「気絶したい」を、「手段その1」である”しにたい”というワードで言い表してるだけなんだと思うよ。可愛いものじゃないか。気絶したい、だなんて。

だから俺は今度からしにたいって思う時は「気絶したい」って思うようになろうとおもう。俺は本当はしにたいんじゃなくて、しばらく気絶していたいんだなって。